株式会社 汐見製作所

株式会社 汐見製作所

message

企業情報

代表メッセージ

ものともの、ひととものを「つなぐ」、
日本一のコネクトパーツメーカーへ。

代表取締役社長 見山圭二

創業から現在まで

汐見製作所は、1965年に自動車向けのクランプ(線を束ねたり、固定する部品)を製作するプレス加工メーカーとして、社員3名からスタートした会社です。
以来、時代の変化とともに自分たちにできることを一つずつ増やしていきながら、現在は試作から金型、治具、生産設備、プレス、溶接、組立まで一貫して対応できる体制までになりました。その結果、大手自動車メーカー様をはじめ、多くの開発メーカー様とお取引をさせていただけるまでになりました。
しかし、決して現状に満足することなく、更なる飛躍を目指し、お客様の開発パートナーに選んでいただけるよう、高品質、短納期、コスト競争力はもちろん、技術力の高い製品を安定して供給できる会社を目指していきます。
今の汐見製作所があるのは、ひとえにお客様、協力会社の皆様のおかげです。そして、これからの汐見製作所は、全従業員の努力と熱意で決まると考え、精進してまいります。

汐見製作所の強み・使命

ちなみに、私たちの得意とするブラケットやリンフォースといったコネクトパーツは、その一つひとつは小さな部品ですが、ものづくりにおける様々な部品と部品をつなぐ際には大きな役割を担っていると自負しております。
また、私たちの取り扱う小さな部品は、コスト的にも時間的にも設計変更に対応しやすく、サプライチェーン全体をつなぐ上でも大きな力を発揮する部品ではないでしょうか。
そこで私たちは、こうしたコネクトパーツに求められる機能、特性、立ち位置をしっかりと認識し、その品質とサービスの向上に全社一丸となって取り組んでいるところです。

今後のビジョン

また、今後は自動車業界のものづくりで鍛えあげられた技術力や培ってきた経験、ノウハウを生かし、次世代自動車部品、ロボット産業、医療機器といった他業界でもお役に立ちたいと考えております。加えて、試作から金型、量産までの一貫生産体制の強みを、これから新たに製品開発に挑もうとするベンチャー企業の皆様などにも提供していきたい。
さらには、持続可能な社会の実現に向け、環境対策やDX (デジタル・トランスフォーメーション)、社員の物心両面の幸福の追求など、これからの社会が求める会社づくりにより力を入れてまいります。

OTHER CONTENTS