Skip to content

技術紹介

当社は顧客満足を追及して、様々な方向に進化してきました。

当社には様々な顔があります。「トータル性を進化」させた部品メーカーとしての顔。「技術を進化」させた金型メーカー、部品試作メーカーとしての顔。そして、「多角的な進化」を目指して新たな分野へと進出した顔。そのすべてが当社を表現しています。

それぞれを1つに統合することで、よりお客様に貢献できる企業を目指して行きたい。

私たちは常にそう考えて研鑽を続けていきたいと考えています。

試作・金型・治具から量産・出荷までトータル体制で対応

1965年の創業依頼40年以上にわたって、当社はプレス加工を中心に自動二輪車・四輪車部品の製造を主業務として事業活動を展開して参りました。輸送機器用小物プレス部品は、形状変更や多品種少量に対応することが不可欠な分野です。そのため、当社は「どうすればお客様のご要望にお応えできるか」を、徹底的に追求してきました。そして、試作・金型・治具から、量産・出荷までを一貫して社内で対応できるトータル体制を構築。お客様のご要望にスピーディーかつ的確に対応することを可能としています。