Skip to content

金型

高速大型マシニング等の設備を駆使し、プログレからタンデムまで短納期に対応

当社の受注の流れは、お客様からお預かりした図面を確認し、試作前に形状検討を行うことから始まります。お客様にとって安く品質の安定する形状をご提案します。そして、試作をもとに量産金型での問題点を抽出。すべてのデータを活かして金型・治具製作を実施し、無駄なくスムーズに量産立ち上げを実現することを可能にしています。また、試作と金型製作を完全に連動していますので、緊急の設計変更にも社内で全て対応可能。お客様のニーズに応えるフレキシビリティーが当社の特長となっています。

量産につなげる形状をご提案。3次元レーザー加工機を駆使し、試作加工を実施。